静岡県熱海市で長尾ヒーリング&整体の複合療法で胃下垂を改善し腰痛・肩こり・うつ・内臓疾患・慢性病・難病まで対応。整体塾&ヒーリングスクールも開講しています

SHIN-YUセミナー 東京

SHINYUセミナー関節調整法セミナーを都城で開催します


癒される側から今度は癒す立場に・・・・・

人を癒すと自分も癒される健康への最短距離



九州地区では2度目のSHINYUセミナーを開催します。

長尾弘先生(1931~2007)が行われていた療法で、胃からアプローチをして諸症状を改善する療法を習得して頂き、実践するセミナーです。

胃は心とつながっているということをベースとして、どなたにでも(お子さんから高齢者まで)理解できて、''どなたにでも出来る療法です。''

会場 未定    

日時 2024年8月30日(土) 10:00~16:00

定員 15名様  残席3名様

受講費   70.000円


講 義 10:00~13:00
心の話
心と胃の関係の話。
胃と臓諸器官及び骨格との因果関係。
体のメカニズムと胃学の理論。

実 技 14:00~16:00
胃を上げる方法
血流活性法
骨格調整法


スペシャル特典


SHINYUセミナー関節調整法セミナーをセットでお申込になられた方は、

SHINYUセミナーの受講費は無料とさせて頂きます

セミナーのお申込みはこちら



SHINYUセミナーの特徴

〇 現在プロとして活躍しておられる受講者も多いのですが、経験のないアマチュアの方でも一緒に学べるシンプルな療法です

〇 SHINYUはヒーリングなので過度な体力は必要としないため、女性や高齢の方でも実践できます

〇 人を癒すことで自分が癒さるSUIN-YUは、実践すればするほど元気になるので健康への最短距離といえます

〇 体の仕組みと療法は長尾弘先生が見えない世界から教えて頂いた療法なので治癒率が高い

〇 SHINYUのベースは心の学びにあるので、癒し行うほどに人格向上の礎となります};

〇 ごく短時間に癒すことができる特殊な療法なので、相手の方に喜んで頂く事ができるし、その喜びを自分が頂けるので心が喜びに満たされます

〇 受講後は開業も可能です。実際に一度受講しただけで開業されたりセミナーを開業している方が多数おられます

〇 社会貢献度が高いので人生が豊かになります

受講者の感想はこちら

SHINYUとは何か

セミナー写真人体模型

セミナーの要綱


セミナーの要綱 ←こちらをクリック

(定期セミナー、プライベートセミナー、出張セミナー、オンラインセミナー共通)

             


【お申込み方法】
電話かe-mailにてお願いいたします。
受講料の入金後に正式な予約とさせて頂きます。
☎ 090-5770-6732
お申込みはこちらから
お振込先等はお申し込みの際お知らせいたします。


再受講について
SHINYUセミナーの再受講は¥30000とさせて頂いております。

その理由は一回のセミナーでしっかりと習得し、即実践に移して頂きたいからです。
実践とは無料施術会「心と体の癒しの会」に参加されるのが一番の近道です。

過去に長尾ヒーリング実践セミナーを受講された方も再受講される事をおススメします。


【キャンセル料について】
セミナー開催日の3日前から当日までのキャンセルについては 全額とさせて頂きます。

SHIN-YUの要約

SHINYUは単に名称の変更というものではなく、癒しそのものよりも心の学びを重視するものです。

SHINYUの漢字表記は「神癒」と書きます。

神の癒しの御業を長尾弘先生を通して行うものです。
それだけに日々、心の精進が不可欠な療法です。
なぜなら癒しを行う私たちが神の、そして長尾弘先生の媒体となるからです。

一人でも多くの方がSHINYUを習得されて病める人々をお救いする為に神様の道具として働いて頂くことを切望します。

追記
既に長尾ヒーリング実践セミナーを受講された方は再受講としてSINYUセミナーを受講して頂くことができます。
SHINYUとは、長尾弘(ひろむ)というお方が始められた療法で、胃からアプローチをして様々な症状をおおもとから改善させるものです。

“胃下垂は万病の元"といいます。胃が下がる(胃下垂)ということは胃だけが下がるのではなく、胃に関連したすべての臓器が下がった結果、内臓下垂になります。

つまり内臓全体が本来の正しい位置で活動していない為に、身体各所にさまざまな症状が現れるということです。

だから胃をはじめ、内臓諸器官が元の正しい位置に戻ることですべての臓器が活性化して、各種症状がおおもとから改善します。
「この時ついでにガンさえも治ります」と長尾先生は語られていました。

また、「胃を上げて治らない病気は一つとしてない」とも・・・・。
しかし、SHINYUはそれだけでは到底語り尽くすことは出来ません。
なんとなれば、SHINYUの根幹を成すのは心の学びであり、スピリチュアル的な要素が多分に含まれている療法だからです。

その不思議な療法を世に残された長尾弘というお方についての人となりをご紹介することにしましょう。

SHINYU(神癒)を習得できた訳

長尾先生と共に国内各地、世界各国への癒しの旅に13年も同行させて頂き、その一部始終をビデオ・カメラに収録させて頂く機会を得ました。

数多の奇跡の癒しをこの目で見て映像として記録しました。
多分10万人以上の方を撮影したと思います。

フランクフルト にて
         写真のカメラマンは私です。

カメラマンの特権は至近距離で撮影できることです。
長尾先生が癒しをされているところをファインダーを通して間近で拝見したことから、いつの間にかその一挙手一投足を身につけてしまっただけでなく、いつしか先生の語り口までマネをするようになっていたのです。

長尾先生はよく言われました。
「最初はマネから」と。
「マネをしている内にやがて上手になっていきます」

故人曰く、門前の小僧、習わぬ経を覚える。

師、曰く「神癒をやりなさい」

私がSHIN-YUを習得するのに13年の下積み時代があったということですが、実は治療家にはなりたくはなかったのです。

なんとなれば、その道は自分の心を極限まで律しなけらばならない道なので、とても自分には出来ないしやりたくもない。

絶対に治療家にだけはなりたくない。
こう思っていたのです。

そう思っていたにもかかわらず、世界癒しの旅が終わる2000年頃、高知からの帰りに大阪の伊丹空港で先生からこう言われました。

「あなたも癒しをされませんか。私が教えますから」と・・・・。

「えーっ!!」
と言って空港ロビーで絶句したあの時の様子は今でも忘れません。

青天の霹靂でした。
絶対に治療家にはならないし、なれない。又なりたくなんかないと思っていた治療家の道を先生から勧められたのです。

そこで私は聞きました。

「先生、治療家になりなさいと仰いますが、それは整体ですか、それとも神癒でしょうか」と。

すると長尾先生は「あなたは神癒をされたらいいでしょう」・・・・・。

この言葉を聞いて2度ビックリ。
今度は驚天動地というか、天地がひっくり返ったほどに驚きました。

なぜなら・・・・、

整体師になるのであれば手技を学べばいいのであって、とりわけ心の修行をしなければならないという訳ではないのですが、神癒となるとそうはいきません。

心の学びを深めるだけでなく、無償の愛の実践を積み重ねなければならない神癒の道は、はるけき遠く厳しいものだと知っていたからです。

しかし・・・・、
尊敬する師匠からのお言葉ですからむげにお断りする訳にはいかず、結局はその数か月後に整体学校へ行って手技療法だけは学びました。

神癒をやるのに手技療法が必要ないとは思ったのですが、長尾先生は「整体を学ぶ事によって人の体に触れることが出来ます。人の体に触れることで人体の勉強になりますので整体学校へ行かれたらどうですか」とのお言葉を頂いたからでした。

この様な経緯で2年後に横浜で整体&ヒーリングサロン「フローレンス」を開業することとなりました。

あの時、伊丹空港で先生から言われた言葉をご紹介してこの項を終わります。

「横塚さん、神癒をされるにあたって一つだけお伝えしておきます。増上慢にだけは気を付けてください。身を低く低くしてください」。

身を低く 謙虚のよろい気にまとい 愛の剣で闇を引き裂く 

癒しのパワーを強くする方法

長尾先生のお話です。
「癒しのパワーが強くなるのは無償の愛の実践の積み重ねによるものです」と語られていました。

自費で地方へ行って多くの方に無償で癒しをする度にパワーが強くなったそうです。

「日々の生活の中で愛の実践をした時、自らが神を体験させて頂く。その時、奇跡の癒しが起こります。何もしなかったら何も起こらない。行えば結果が出ます。だから「治りなさい!」と言うと治るのです。なぜ奇跡の癒しが起きるのか?それは愛の実践をした自分を通して神様が癒しを行われるからです」。

「神はご自身を何とかして表したい、生きている私たち人間のこの肉体を使って表したいと思っておられる。
(神は癒しを通してご自身の顕在を証明してくださるのです)

(癒しでもなんでもそう)出来るか出来ないか、それはやったあとの結果で見たらいい。やらない内から「それは出来ない」と思えば出来ない。
だから先ず行うこと。そうすると必ず結果が出る愛の行い。

Florence癒庵では日本各地で年間40ヵ所以上で無料施術会「心と体の癒しの会」を開催しています。SHIN-YUを習得された方は勿論、これから学ばれる方もぜひご参加下さい。癒しの会の日程は日本列島癒しの旅をご覧ください。

長尾先生と私 和歌山にて



癒しの旅人フローレンス横塚

 

powered by HAIK 7.6.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional