胃下垂・肩こり・腰痛・骨盤のズレ・顎関節・膝関節・股関節症・高血圧・心臓病・がん・ストレス・不眠・うつなどでお悩みの方、是非ご覧下さい!

パーキンソン病

パーキンソン病

現代医学では、
パーキンソン病は体を動かそうとすると大脳皮質から全身の筋肉に運動の指令が伝わるが、私たちの意図どおりに体が動くように、運動の調節を指令しているのが神経伝達物質の「ドパミン」です。
パーキンソン病になると、このドパミン神経が減少し、ドパミンが十分につくられなくなります。
その結果、運動の調節がうまくいかなくなり、体の動きに障害があらわれるのです。

とのことですが、長尾弘先生はパーキンソン病の原因は想念にあるとのことです。
だからと言って、パーキンソン病になる方は悪い想念を持っているかと言うとまったく逆で、むしろ良い想念を持っている場合が多いようです。

ではなぜ?・・・・・、

それはいい人なるがゆえに人に同調しやすいということだと思います。
同調することで相手の方のネガティブな想念を受け入れてしまうのです。
つまり、想念の移行ですね。

想念に影響する症状は様々ありますが、人によって病種が違うのは遺伝的な要素が多分に加味されているのではないかと思います。

医学的見地であれ、長尾ヒーリングの見方であれ、要は治るかどうかであって結果で判断すればいいかと思います。

長尾先生のお話によりますと、パーキンソンは想念が影響する病気ですので浄心療法をさせて頂きます。

広島で開催された「心と体の癒しの会」での動画をご覧下さい。
           ↓
YouTube 心と体の癒しの会 in 広島にて

YouTube 心と体の癒しの会 in 大阪にて

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional